バイオ燃料製造工程(バイオエタノール製造工程) 遠心分離機(セパレーター)、遠心機 遠心分離機.com

トピックス

バイオ燃料製造工程(バイオエタノール製造工程)

近年国内外で研究開発が進んでいるバイオ燃料の各製造工程で弊社遠心機(セパレーター)が使用されています。(コーン、小麦、ポテト、サトウキビ、甜菜などからのバイオエタノール製造)

醗酵前段処理

モラセスの清澄化等、醗酵前段処理に自動排出型遠心分離機が使用されています。これにより醗酵阻害物質等夾雑物を除去、醗酵を潤滑に実施することが可能です。また、醗酵後の蒸留操作への負荷を軽減できます。さらに、除去した夾雑物はデカンターにより脱水することも可能です。

醗酵後段処理

醗酵後の酵母が後段の蒸留工程に流入すると、蒸留操作への負荷が増大すると共に蒸留残渣量が増えます。醗酵後の酵母をノズル型遠心機で回収することによりこれらを防ぐことができると同時に、回収した酵母を再利用することが出来ます。

蒸留残渣処理

蒸留塔底部に残る蒸留残渣には多量の水分が含まれています。蒸留残渣を有効利用するためには脱水操作により含水率を下げる必要がありますが、デカンター型遠心機を用いれば効果的に含水率を低減できます。

弊社遠心機は、実証試験のパイロットプラントから大規模製造設備に至るまで幅広いスケールに対応できます。また、各種テスト機を保有しておりますので実液でのテストも実施可能です。

遠心分離機.com ウエストファリア セパレーター ジャパン株式会社
お問い合わせ