ガスタービン発電向け燃料油処理 遠心分離機(セパレーター)、遠心機 遠心分離機.com

トピックス

ガスタービン発電向け燃料油処理

発電所では企業や家庭に対し安定して電力を供給するため最新の技術が採用されています。
遠心分離機も電力の安定供給のため燃料油の前処理システムとして使われています。

ガスタービンの場合には燃料油から水分や固形分でなく溶融している塩分も除去することが大切です。
ガスタービン発電設備でのメンテナンスの重要な項目としてガスタービン翼が挙げられます。
ガスタービン翼は高度に加工された部品であり、また、高温にさらされるためメンテナンスには細心の注意が必要です。

輸送中に海水が混入してしまった場合は、そのまま使用するとガスタービン翼に溶融塩腐食を発生させることがあります。

溶融塩腐食を防ぐ一つの方法として遠心分離機を利用した燃料油処理システムがあります。
塩化ナトリウムや塩化カリウムは水溶性なので燃料処理システムの中で燃料油中に水を注入し水溶性の塩化ナトリウムや塩化カリウムを分離水に溶け込ませ連続的に燃料油中から除去します。
上記のような溶融塩腐食対策を行うことによりガスタービン翼の寿命延長、メンテナンス間隔の延長及び不測の稼働停止を防ぐことができ、安定した電力供給につながります。
遠心分離機.com ウエストファリア セパレーター ジャパン株式会社
お問い合わせ